FC2ブログ

Entries

鹿児島の旅 そのⅥ(何しに鹿児島?)

枕崎はカツオの漁獲量5万トンで焼津(12万トン)について第2位だという。
漁獲量は焼津に劣るが、かつお節の生産は質・量ともに日本一を誇るという。

終着駅なので、線路はここでおしまいです。続きません。「ここまで~」・・という
感じの車止め(車両止め?)があって、今日は地元のテレビ局が取材に来ていました。

・・・で、いかにもよそ者と思われたらしく、いきなり、マイクでインタビューされてしま
いました。「どうして枕崎にいらっしゃったのですか?」「どうしてって?枕崎がここに
あるからさ。」・・・・なんて気障(きざ)な返答は出来ないので「あー、鰹節を買いに
・・・いやあ、稚内にも行ったし・・・」なんてシドロモドロで・・・「はあ?」とかで、
このインタビューはボツにされたに違いない。(^-^;

maku109.jpg

とにかく、カツオ、カツオ節で駅前には、鰹節商いの銅像がある。古い時代を
思わせる秀作と思った。

maku108.jpg

まずは、「枕崎おさかなセンター」とかいうのがあるのを見つけ、いそいそと歩いて
行く。目的の「なまり節の味噌漬け」はゲットできるでしょうか?
アッターッ、ゲット。3本も買うと結構重いわね。重いけど手にぶら下げて町歩き。

ここでは鯉のぼりではなく、「カツオのぼり」が空を泳いでいます。

maku107.jpg

カツオのモニュメントがあちこちで目に付きます。

maku106.jpg

港町ブルース」で
5.呼んでとどかぬ 人の名を こぼれた酒と 指で書く 海に涙の ああ愚痴ばかり
港 別府 長崎 枕崎

6 女心の 残り火は 燃えて身をやく 桜島 ここは鹿児島 旅路の果てか
  港 港町 ブルースよ

と、あるが、鹿児島は港町と云うより大都会だし、別府は温泉町、長崎は造船と歴史
の町だし、本当の「旅路の果て」は枕崎だと思うが、どうでしょうね。?

鹿児島で歌の最後を〆たかったのか、「ここは枕崎、工場から鰹節の匂いが漂う~
港 港町 ブルースよ」では売れない歌詞になってしまうのか、さすがは巧く「創作」
したもんだ。
で、ここが枕崎漁港であります。

maku105.jpg

本当に香ばしい美味しそうな匂いが漂ってくる鰹節工場が町のあちこちにありました。

maku101.jpg


スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kawamataworld.blog52.fc2.com/tb.php/398-1e451b06

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

AKIRA KAWAMATA

Author:AKIRA KAWAMATA
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード