FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kawamataworld.blog52.fc2.com/tb.php/431-f4f40885

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

デジタルアンプのオペアンプ

長い事発病していなかったのに、ある日また発病してしまう趣味の病気。

今度はオーディオ病。(笑)
アンプは真空管アンプに限る・・・とか思って、ずっと愛用していた真空管のプリアンプが故障した。

いま思えばなんとか直せたのに、ジャンク品としてヤフオクで売り払って、新しい(と言っても中古の)真空管プリメインアンプをヤフオクで購入。
ところがコイツが1970年代のC●SM●Sとかいう会社の製品で、音が出なかったり雑音でたりで、歯間ブラシで真空管ソケットを磨いたり、今はもう無い東芝のトランジスタを交換したり、お決まりの電解コンデンサーを変えたり、スッタモンダの果て、幸いなことに素晴らしい音で鳴りだし、ここで止めておけば良いのに、「なんかもっと試してみたい」症状が出てきて発病。

雑誌「ステレオ」誌に付録で付いたという(笑)LUXMANのOT-3というデジタルアンプをヤフオクで購入。すでにプレミア付価格で雑誌の付録だったはずなのに、雑誌本体は無くて、5000円ぐらい。(爆)
付属のちゃちいプラケースでは見栄えがナンダ・・というのでネットで800円のアルミケースとかターミナルとか買って、なんとか使い勝手と体裁を整える。
隣のスマホと見比べて判るように、こんなにコンパクトさぁ~。

CIMG0653.jpg

真空管アンプだと小さなトランスでは低音が出ない・・というのは常識であり、50万円以上とかするA級高級アンプだと重量50キロとかになるのに、この小ささ。

どうせ、チンチャラした浮ついた音しか出ねぇよ・・・とかタカをくくってベートーヴェンの「田園」(ショルティ指揮シカゴ響)とか聞いてみたら低音も堂々と鳴り、なかなか捨てがたくなり、病は重篤に。

ネットを探ったら、オペアンプという部品を差し替えると音が変わるという情報があり、いろいろ試してみることに相成った。
下の写真の赤い矢印の黒い小さな部品がオペアンプという部品で、いろいろ試した結果「2114D」というのが良い感じなので今のところ、そのオペアンプに収まっている。

CIMG0654.jpg

このオペアンプ、結構なお値段かと思うでしょうが、どうしてこんな価格で採算がとれるのか判らないが、1個100円~200円ぐらい。
高級品と言われる「MUSE01」というのでも4000円はしないようだ。4000円はイタイか?
でもちょっとしたオーディオのアンプつて50000円ぐらいはしますよね。

それにしても部品数も少ないし、高価そうな部品も見当たらない。これで素晴らしい音が出るというテクノロジーの進歩には驚かされる。

これで夏場も良い音でCDの音が、涼しく楽しめる。(真空管アンプは発熱が大きくて、エアコンの電力消費が多くなって困るので。(^-^;)
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kawamataworld.blog52.fc2.com/tb.php/431-f4f40885

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

AKIRA KAWAMATA

Author:AKIRA KAWAMATA
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。